TOP > 北海道鉄道技術館

北海道鉄道技術館

風景写真

鉄道技術館について

北海道鉄道技術館は、昭和62年4月、国鉄からJR北海道への新たなスタートに併せ、北海道鉄道技術の歴史と文化を後世に伝えると共に、地域に密着した鉄道工場として、一般の方々に身近に感じていただく場にしたいと考え開設いたしました。
技術館の建物は、明治43年(1910年)に苗穂工場の用品倉庫としてレンガ造りで建築されたもので工場最古のものです。
昭和63年に「さっぽろ・ふるさと文化100選」、平成16年には「札幌苗穂地区の工場・記念館群」として北海道遺産に選定され、さらに、平成19年には、地域活性化に役立つ「近代化産業遺産」にも認定されています。また、平成22年に歴史的文化価値の高い鉄道遺産として、準鉄道記念物の指定を受けました。
館内には、北海道初の特急気動車「おおぞら」に使用されたキハ82の運転台や、当工場で改造製作したリゾート列車「アルファコンチネンタルエクスプレス」の運転台、またエンジンカットモデル、運転体験のできるHOゲージ「振子でトライ」、その他鉄道に関する数多くの資料を展示しています。
館外には、わが国最大の蒸気機関車であるC62 3号機(夏季のみ)、腕木式信号機を静態展示しています。

フロアガイド

1F

運転シミュレーター「振子でトライ」をはじめ「おおぞら」で使用されたキハ82特急気動車の実物運転台や気動車のエンジン模型などが展示されています。

フロアガイド:1F

2F

昔なつかしい写真パネルやSL部品等を展示しています。また、JR北海道苗穂工場でSLが動態復元されるまでの工程を紹介しています。

フロアガイド:1F

写真

▲C62 3号機
(夏季のみ展示・概ね5〜11月)

写真

▲アルファコンチネンタルエクスプレス
運転台

写真

▲キハ82 運転台

 

写真

▲HOゲージジオラマ模型<振子でトライ>

写真

▲ジオラマ運転台

写真

▲SLコーナー

 

アクセス

開館日時
毎月第2・第4土曜日 13:30〜16:00
なお、5月〜8月の4ヵ月間は、第1土曜日も開館します。
(5月〜8月の間は毎月3回の開館となります。)
※都合により臨時休館する場合があります。

入館料
無料

交通アクセス
<JR利用>
JR苗穂駅より徒歩約20分
<バス利用>
札幌駅北口より乗車・苗穂工場前停留所より
徒歩約5分

〒065-0005
札幌市東区北5条東13丁目(JR北海道苗穂工場内)
Tel. 011-721-6624

地図